ページの先頭です

山梨県弁護士会について

イベント情報

ドキュメンタリー「隣る人」上映・映画企画者特別講演会

一緒にごはんを食べ お手伝いをして 遊んで 絵本を読んでもらう。時には 怒って凹んで泣いたって 同じ布団で寝れば 同じ朝がくる。ある児童養護施設で撮影された8年にわたるドキュメンタリー。
子どもに関わる全ての人の心に届く映画です。
壊れた絆を取り戻そうと 懸命に生きる人々の平凡だけど大切な 日々の暮らし。愛を求める子どもたちと、それに隣る大人たち。
映画企画者の講演も併せた弁護士会からお届けする一日限りのロードショーです。

開催日2017年06月10日(土)
開催時間13:30~16:30
開催場所山梨県弁護士会 4階大会議室
35.660666,138.568674
申込方法

入場料無料・予約不要
(開場 13:00~)

定員
当日の内容

13:30~15:20 映画:「隣る人」(上映時間85分)

~映画概要~
地方のとある児童養護施設。ここでは様々な事情で親と一緒に暮らせない子どもたちが「親代わり」の保育士と生活を共にしている。マリコさんが担当しているのは、生意気ざかりのムツミと甘えん坊のマリナ。本来、親から無条件に与えられるはずの愛情だが、2人にとっては競って獲得しなければならない大事な栄養素。マリコさんを取り合ってケンカすることもしばしばだ。そんなある日、離れて暮らしていたムツミの母親が、ふたたび子どもと一緒に暮らしたいという思いを抱えて施設にやってくる。壊れた絆を取り戻そうと懸命に生きる人々の、平凡だけど大切な日々の暮らしは今日も続く。

15:30~16:30 講演:稲塚由美子氏(映画企画者)

稲塚 由美子 氏・・・ミステリー評論家/ドキュメンタリー映像制作
東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。商社勤務を経て、海外ミステリーの翻訳者から評論家に転身。ドキュメンタリー映画『隣る人』企画。社会福祉法人 児童養護施設「光の子どもの家」理事。足立区民生・児童委員。 日本の戦争責任資料センター機関誌で映画評を担当するなど、映画のもつ可能性も広く紹介し、独立したジャーナリズムとして世界の問題を伝えるフリー・ジャーナリストの集団「アジア・プレスインターナショナル」と連携しつつ、マスメディアでは報道されない人間一人ひとりの側に立った情報の掘り起こしと告知をしている。

チラシ(PDF)

20170610 隣る人上映・映画企画者講演会

主催・共催・後援

主催:山梨県弁護士会

共催:日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会

お問合せ先山梨県弁護士会
〒400-0032 山梨県甲府市中央1-8-7
TEL(055)235-7202 FAX(055)235-7204

※当日は電話でのお問合せに応じることが出来ません。
※駐車場のご用意がございませんので、最寄りの有料駐車場または公共交通機関をご利用下さい。