ページの先頭です

山梨県弁護士会について

イベント情報

公害・環境シンポジウム「原発と住民投票・国民投票」

 新潟県の巻町(現・新潟市西蒲区)では、1971年に「巻原子力発電所建設計画」が持ち上がりました。これに対し、数十人の町民が「巻原発・住民投票を実行する会」を結成し、1996年の町長選で同会の笹口孝明氏が町長に就任すると、原発建設の是非を問う日本初の住民投票である「巻原発・住民投票」を実施しました。笹口町長(当時)は、原発反対多数の投票結果を受けて、原発建設阻止に向けた町政を実行し、2004年に計画は終焉を迎えました。
 本シンポジウムは、第1部でこの実話をベースにした映画「渡されたバトン~さよなら原発」を上映し、第2部で笹口元町長から「巻原発・住民投票」をめぐる経緯等をご講演いただきます。
 福島第一原発事故を体験した我が国において、今後も原発の稼働を認めてもよいのか、また、原発の是非という重大な未来の選択について住民投票あるいは国民投票として民意を直接反映する可能性や意義は認められるか。
 本シンポジウムは、これらの問題を考えていく一つの材料を提供したいと考えています。(本件チラシより)

開催日2018年07月21日(土)
開催時間13:15~17:00
開催場所山梨県弁護士会館
申込方法

参加費無料/申込不要(先着順)

定員

80名

当日の内容

開場 12:45~

第1部 映画上映会(13:15~)
    日本の青空Ⅲ 「渡されたバトン さよなら原発」
    監督:池田博穂  脚本:ジェームス三木

第2部 講 演(15:30~)
    「原発と住民投票・国民投票」
    講師 笹口孝明 元巻町長

チラシ(PDF)

2018.07.21 シンポジウムチラシ表

2018.07.21 シンポジウムチラシ裏

主催・共催・後援

主催:山梨県弁護士会
共催:日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会

お問合せ先山梨県弁護士会
〒400-0032 山梨県甲府市中央1-8-7
TEL(055)235-7202 FAX(055)235-7204

※ 駐車場はありませんので、近隣の駐車場をご利用下さい。
※ 当日は電話が繋がりません。予めご了承ください。