ページの先頭です

プライバシーポリシー

山梨県弁護士会(以下、当会と言います)は、「個人情報の保護に関する方針」を定め、細心の注意を払って、当会が保有する個人番号及び特定個人情報(以下、特定個人情報等といいます。)並びにその他の個人情報(以下、個人情報といいます。)の保護に努めます。

【1】個人情報の適切な収集・利用・提供・委託
当会は、特定個人情報及び個人情報に関する法令その他の規範および当会の定める規則について、役員、職員および会員への周知徹底をはかり、以下のとおり適切に取り扱います。
第1 個人情報の適切な収集・利用・提供・委託
  1. 個人情報の収集にあたっては、利用目的を明示した上で必要な範囲の情報を収集し、利用目的を通知し、又は公表し、その範囲内で利用します。
  2. 収集した個人情報は、以下のそれぞれの場合を除き、第三者に提供し、又は開示することはしません。
    1. あらかじめ本人の同意を得た場合
    2. 法令等の規定に従い、提供又は開示する場合
    3. 人の生命、身体又は財産の保護のため必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    5. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力をする必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    6. お問い合わせのあった事項につき、適切な対応をするために、日本弁護士連合会、各弁護士会連合会および各弁護士会へ問い合わせ事項を提供し、又は開示する場合
  3. 個人情報を第三者に委託して利用する場合は、当該第三者との間で秘密保持契約を締結した上で提供するなどし、また、委託先への適切な監督を行います。
第2 特定個人情報等の適切な収集、利用、提供、委託、保管
  1. 本会は、原則として、職員及びその扶養家族並びに本会が報酬等を支払う本会会員、通訳人、外部有識者等の特定個人情報等のみを取り扱います。
  2. 特定個人情報等の収集は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。以下「番号法」といいます。)第20条に定める場合に限って行い、利用目的を明示した上で必要な範囲の情報を収集し、利用目的を通知し、又は公表します。
  3. 収集した特定個人情報等は、番号法第9条第3項及び第5項に定める事務を処理するために、前項の利用目的の範囲内で利用します。ただし、人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意があり、又は本人の同意を得ることが困難であるときは、この限りではありません。
  4. 収集した特定個人情報等は、番号法第19条各号のいずれかに該当する場合を除き、提供しません。
  5. 特定個人情報等を第三者に委託する場合は、当該第三者との間で秘密保持契約を締結した上で提供するなどし、また、委託先(再委託先を含みます。)への適切な監督を行います。
  6. 特定個人情報等は、利用又は保管の必要がある限りにおいて保管することとし、法令において保存期間が定められている書類等に記載され、又は記録された個人番号は、当該期間の満了後できるだけ速やかに廃棄し、又は削除します。
  7. 上記のほか、本会における特定個人情報等の取扱いは、番号法及び個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号。以下「個人情報保護法」といいます。)並びに関係するガイドラインの定めるところに従います。

 

【2】安全対策
特定個人情報等及び個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏洩等を予防し、また是正するための安全対策につとめます。
【3】個人情報の取扱についての見直し
特定個人情報等および個人情報の取り扱いに関する環境の変化に対応するため、必要に応じて、本方針や当会の特定個人情報等及び個人情報保護に関する規則等について、変更・修正・追加その他の改善につとめます。
【4】問い合わせ等の窓ロ
当会が、個人情報の保護に関する方針を遵守していないと思われる場合、ご本人がご自分のデータベース化された個人情報の開示、訂正等(訂正・追加・削除)、利用停止等(利用停止・消去)を希望される場合には、当会事務局(住所:甲府市中央1-8-7、電話:055-235-7202)までお問い合わせください。
特定個人情報等及び個人情報の開示、訂正等(訂正・追加・削除)、利用停止等(利用停止・消去)を希望される場合は、 こちら