ページの先頭です

山梨県弁護士会について

会長あいさつ


山梨県弁護士会 会長 深澤 勲

 2020年度山梨県弁護士会会長に就任しました深澤勲です。八巻力也,齋藤祐次郎,太田道昭の3名の副会長とともに,誠実に職務にあたっていく所存です。一年間よろしくお願い申し上げます。
 弁護士は,基本的人権を擁護し,社会正義を実現することを使命とするとともに,その使命に基づき,誠実にその職務を行い,社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならないとされています(弁護士法1条)。
山梨県弁護士会は,会員数128名(2020年4月1日現在)の小規模な弁護士会ですが,これまで,高齢者・障害者や子どもの権利の擁護,犯罪被害者への支援や災害対策など,多方面にわたり積極的な活動を行ってまいりまし
た。山梨県弁護士会は,今後も引き続き,関係諸団体や関係者の皆さまと手を携え,さまざまな課題に取り組んでまいります。
 また,今般,山梨県内におきましても,新型コロナウイルス感染症が拡大し,市民生活に重大な影響が生じております。山梨県弁護士会は,同感染症の拡大により影響を受けた,中小企業や市民の皆さまなどからの相談にも積極的に取り組んでまいります。
 山梨県弁護士会は,弁護士が市民の皆さまにとって身近で親しみやすく,また信頼できる存在であるよう引き続き努めてまいります。当会の活動に対するご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願いを申し上げる次第です。